産後のトラブルの便秘・痔

出産という大仕事を終えたばかりの女性の体は子宮や骨盤が戻っていく大切な時期です。昔から産後の3週間は寝て過ごすようにと言われ、この時期を産褥期と呼びます。産褥期によく見られるトラブルに便秘や痔があります。

産後は母乳に水分を取られてしまいますので体に水分が不足しやすく、便秘の原因になります。授乳中はこまめな水分補給がポイントです。また産後は傷が心配でトイレでいきむのが怖いというケースも多く、我慢してしまった結果便秘になる人も多くいます。出産でいきみが多かったり、産後の便秘は痔の悪化につながります。

家庭でできる対策としては、第一に水分や食物繊維の多い食品を充分に摂って便そのものをやわらかくすることです。便秘を解消することで痔の悪化も防げ、早い時期に治療すれば多くの場合軟膏や座薬で済みます。便秘解消には寒天がおすすめです。片栗粉の代わりにお料理に使ってトロミをつけたり、デザートに寒天ゼリーなどがおすすめです。

 

このページの先頭へ