妊娠後期の心配に妊娠線があります。妊娠が進むにともなって当然お腹が大きくなりますが、皮膚は表皮・真皮・皮下組織から成り立っていてお腹が大きくなるにつれて表皮は伸びることができるのですが伸びにくくお腹の成長に付いていけない真皮や皮下組織に亀裂が生じて起こるのが妊娠線です。

つわりがおさまって食欲が出る中期以降が妊娠線のできやすい時期で、見え難い下腹部や乳房にもできることがあります。皮下脂肪の厚い人は組織に弾力がないのでできやすいと言われています。

妊娠線のケアには、高カロリーの食事を控えてバランスよく食べ産婦人科の医師の指導を受けながら体重の増加をコントロールすることが大切です。また妊娠線専用として肌の柔軟性を保つクリームや保湿クリームなどがありますので、こういったものもおすすめです。

つわりの時期を過ぎ安定期を迎える頃から早めのお手入れを心がけ、お腹にはできていないからと油断しないで乳房や太もも、お尻などもケアすることがポイントです。

このページの先頭へ