シロノクリニックの妊娠線レーザー治療

シロノクリニックのHP画像シロノクリニックは、レーザー治療専門の美容皮膚科です。フェイスラインのしみやにきび跡の除去から始まりダイエットやレーザー脱毛まで、幅広い美容治療が行われています。

妊娠線の治療にも、コラーゲンの生成と皮下脂肪の燃焼を促す効果があるという、フラクセルレーザーを始め、さまざまなレーザー治療のプランが用意されています。

フラクセルレーザーとは?

皮下組織にマイクロレベルの特殊なレーザーを当て、皮膚の再生を促します。本来は、ニキビ跡や傷跡など、肌に凹凸が生じるような症状の治療に用いられる治療法。妊娠線のような断裂線にも効果的で、シロノクリニックはこのフラクセルレーザーで36800症例の実績があります。

フラクセルレーザープラン内容

料金 6万円(1箇所1回の施術料金)
施術時間 麻酔時間を合わせて約1時間程度
術後通院 有り
入院 無し

施術の詳細へ>シロノクリニック公式HPへ

レーザー治療の種類が豊富

シロノクリニックは、他のクリニックと比較して、最もレーザー治療のバリエーションが豊富です。妊娠線の治療で行われているレーザー施術だけで複数ありますので、以下でその一部を紹介します。

【フラクセルレーザー】

細く小さいレーザーで皮膚の表面にミクロ単位の穴を開け、細胞を刺激し、皮膚を新しく生まれかえらせます。

【ヤグレーザーピーリング】

アメリカのFDAで認可されているレーザー治療。パルス幅の長いヤグレーザーを皮膚に照射し、コラーゲンの生成を促進。また、肌の古い角質を剥がれやすくして肌の新陳代謝を正常にする作用もあります。

これらのレーザー治療のほか、RF派という熱エネルギーを使った治療法もあります。カウンセリングで、状態をしっかり診てもらい、医師とよく相談して選ぶようにしましょう。

レーザー治療の長所と短所

レーザーでの妊娠線治療を受けようか悩んでいる人へ。レーザー治療の長所と短所を予め知っておきましょう。

レーザー治療の長所
レーザー治療は、メスを使った切開を行わないので、術後の回復が早く、身体への負担が少ないというメリットがあります。人によっては、レーザー照射時に「チクッ」とした刺激はあるかもしれませんが、ストレスを感じるほどではないでしょう。なお、術中は塗布麻酔、患部によっては注射による麻酔をも施しますので、個人差はあるものの、痛みをほとんど感じずに施術を終えることができます。
レーザー治療の短所
お腹周りのような、広範囲に妊娠線が広がる場合には、ある程度施術回数をこなさないとならないのが一般的です。もちろん、回数をこなすとその分費用も掛かりますので、クリニックでのカウンセリングでは、費用面についても医師とよく相談しましょう。

このページで紹介したレーザー以外の妊娠線に対応したレーザーを取り入れているクリニックも存在します。また、レーザー治療ではきれいに消すことが難しいような重度の妊娠線に対して外科的手術を行っているクリニックもあります。妊娠線の状態によっても適切な治療法は異なってくるので、複数のクリニックを比較して自分に合った施術を行ってくれるところを探すことが大切です。

妊娠線治療のクリニックを探す

このページの先頭へ