皮膚は一番外側に表皮がありその内側に真皮や皮下組織があります。妊娠線は、大きくなったお腹の表皮が伸びても皮下組織が伸びることができずに亀裂を起こすことで起こります。

妊娠中は誰もが妊娠線ができやすい状態にあるのですが、特に皮下脂肪の厚い人はできやすいといえます。皮下脂肪は弾力性が弱いので引っ張られても伸びることができずに裂けてしまうからです。産婦人科でアドバイスを受けながら、急激な体重の増加を起こさないようにすることが大切です。

また、双子以上の多胎妊娠では妊娠線ができやすくなります。お腹が大きくなるスピードも早く皮膚の伸びが追いつかなくなりがちです。経産婦の方も、既に妊娠を経験しているので子宮が大きくなりやすくお腹も大きくなるので妊娠線には注意が必要です。

体格面では、小柄な人は骨盤も小さいので胎児の居場所を前に確保することになりますからお腹が前に出てきて妊娠線ができやすくなります。また肌質も関係してきます。もともと感想肌の人は引っ張られることで亀裂が入りやすくなっています。

このページの先頭へ