傷跡の種類にはいろいろなものがあります。最近はピアス跡が増えてきました。高校を卒業したらすぐにピアスの穴をあけるという女性も増えてきています。オシャレの一環としてピアスをつけることがありますが、きちんとしたところで穴をあけてもらわないと、おかしな傷跡として残ってしまうことがあります。専門の病院であけることがポイントです。

また、ピアスを定期的につけていないと、だんだんあけた穴がふさがってきてしまうことがあります。そんなところに無理矢理ピアスをつけるとなると、傷跡となってしまう可能性が高くなるので注意した方がいいかもしれません。一度あけたのなら、定期的にピアスをつけるようにします。

また、しっかりと手入れをしていないと炎症を起こしてしまうことがあります。穴をあけた時に病院で指導されたとおり、きちんと手入れをすることが大事です。そうしないと、後々、炎症などで通院したり、最悪の場合、外科的手術が必要となったりすることがあります。

このページの先頭へ