妊娠すると運動量の割に食事の量が増えるので、ほとんどの人が太ります。そのために皮膚が追い付かず妊娠線と言われるものができてしまうのです。

妊娠線を予防するには、クリームやオイルなどを使ってマッサージをするということがいいと言われています。皮膚を保湿して柔らかくすることで伸ばしやすくすることができるのです。

しかし皮膚の柔らかさが伸びる速度に追いつかない場合は、クリームやオイルできちんとお手入れをしていても妊娠線が出来てしまう場合があります。

妊娠線ができる体の部位には太ももがあります。妊娠すると運動量が減り、太ももに脂肪がつきやすくなるのです。座っている時間が長くなると脂肪が燃焼されなくなるので、太ももにつきやすくなります。そこで皮膚が追いつかず妊娠線ができてしまうのです。

太もものなかでも特に付け根に妊娠線ができやすいです。お腹が大きくなるのと同時にできやすく、月齢が過ぎるにつれて妊娠線のケアがしにくくなるということも原因の一つです。

このページの先頭へ