妊娠線を予防する

妊娠後期など、急激にお腹が大きくなる時期にできやすいようです。また、お腹以外に乳房、太ももなどにもできることがあります。できやすい人というのは、小柄な人でお腹が大きくでせり出している妊婦さんや、お腹が前に向かって大きくなるタイプの妊婦さん、双子を妊娠中の妊婦さんに多いです。

妊娠線ができるのを予防するには、急激に体重が増えないように気をつけることです。急激にお腹が大きくなる時に皮膚の伸びるのがついていけず亀裂を生じさせてしまうのです。急激に体脂肪がつくのを防ぐために、食べ過ぎに気をつけて体重管理を心がけると良いでしょう。

妊娠中の健康管理のためや良いお産のためにも体重の増えすぎはよくありませんので、体重増加はトータルで8kgから10kgまでにとどめたいものです。バランスの良い食生活を心掛けましょう。腹筋を鍛えると皮膚が急激に伸びるのを防ぐ効果があるので、適度に運動をして筋肉をつけることもおすすめです。

このページの先頭へ