妊娠中に気になる体の変化の一つに妊娠線があります。

妊娠線とは、妊娠中期お腹が大きくなり始める頃にできる、皮膚の断裂痕のことです。痛みはなく、気付かないうちにみみず腫れのような痕ができてしまいます。肌が乾燥しムズムズとしたりかゆくなるなどの不快感に加え、一度できてしまったものは治らないという点が最大の悩みです。

妊娠線ができる原因は、皮膚の下層部分にある真皮と皮下細胞の伸びが妊娠中の急激な体重増加に追いつかずに断裂してしまうからです。さらに、妊娠中はホルモンバランスの変化により肌の状態は弱く不安定になり、より断裂しやすい状態となっているからです。

妊娠線というと大きくなったお腹部分に気をつける点はよく知られていますが、意外にもできやすい部位がおしりです。

妊娠中にふっくらとしてくるおしりから太ももにかけたラインに特にできやすくなっています。

立ち座りの動作や下着による刺激は普段よりもデリケートな肌には負担になりますので、クリームやオイルなどで保湿しケアすることが大切です。

このページの先頭へ