妊娠線ができる体の部位はいろいろありますが、その中でも気付きにくい部位は、ひざの裏です。普段、ひざを折って座っているため、なかなか裏側を見る機会はありません。また、他人から指摘されることも滅多にないはずです。パンツスタイルにしても見ることはありませんし、ハイソックスやタイツなどを履いていればさらに見ることもありません。

そんなひざの裏の妊娠線は自分では気付きにくいものの、素足にミニスカートを履けば他人の目につきやすい部位です。見た目から考えるとみっともなく感じられることもあるため、日頃から注意した方がいいかもしれません。

妊娠したことによって体重が増加し、そのせいでなかなか思うように歩くこともできなくなることがあります。楽な体勢を自然と好むようになってしまうこともあり、それによって、ひざの裏に妊娠線ができやすくなってしまいます。ひざの裏には血管が集中していて血流を促す部位でもあるため、血行を促す作用としてウォーキングで改善することが臨まれます。

このページの先頭へ