傷跡の種類に手術の縫合跡があります。これは、ある意味、仕方のないことと言えます。何かを改善するために手術をした跡だからです。しかし、人によってはこの手術跡が気になるということもあります。そんな時には少しでも見た目を改善するための方法を考えるといいかもしれません。

手術による縫合跡は、たいていポッコリと盛り上がっているものです。年月を経てだんだんと肌になじんでくることもありますが、そのままということもあります。これは人によって、または手術の内容によっても異なるものです。

こういった縫合跡を目立たせないようにするためには、衣服で隠すしかありません。隠れる部分ならできるだけ隠すようにすることで、あまり気にせずに済むようになるはずです。どうしても目立つような部分であれば、美容整形で多少は改善することができることもあります。ただし、手術での縫合跡をさらに美容整形の手術をするというのは、傷跡の状態をかえって悪化させてしまうこともあるため、注意が必要です。

このページの先頭へ