怪我による傷跡が残っていると、将来的に見た目の印象が悪くなってしまうことがあります。子どもの頃に腕白な男の子は、どうしても怪我をしやすいものです。しかし、後々、傷跡が残ってしまったことで社会に出た時にそれがネックとなってしまっては困ります。

こんな時には、傷跡が残る前に何らかの手を打つことも大事です。怪我の状態によっては傷跡が残らないような手術を行うこともできます。もしくは、術後何年か経ち、大人になってから美容整形を受けることによって傷跡を目立たなくさせるということもできるはずです。

怪我と言っても、パッと他人の目につくような部位になければ何も問題はないと思います。問題なのは顔などの目立つ場所にある場合です。顔に傷跡が残っていると世間の印象も悪くなってしまいます。就職の面接にも通らないこともあるかもしれません。将来に支障が出てしまうような怪我の傷跡は、技術力の高い美容整形によって改善した方がいいこともあります。

このページの先頭へ