子どもの頃や若い頃に傷付けてしまった箇所が、年月を経て黒ずんでしまうことがあります。黒ずんでしまうとさらに傷跡の見た目が汚く見えてしまうものです。そこで、黒ずみを改善する方法を知りたいと思っている人もたくさん居ると思います。

皮膚はちょっとした刺激を受けるだけでも、かなりのダメージを受けてしまうものです。それが蓄積して、傷跡を黒くさせていきます。この黒さの原因はメラニン色素によるものです。メラニンと言えば、紫外線を浴びることによって蓄積され、それがシミとなっていくという認識を持っている人が多いはずです。このメラニンが傷跡を黒くさせていく原因となっています。

傷跡によって皮膚に刺激を与えてしまうことで、もともと弱くなっていることが考えられます。だからこそ、どんどん黒ずんでいってしまうわけです。この黒ずみを改善させるには、ハイドロキノンという薬が効果的です。もしくは、医療技術のレーザー治療も効果があります。

このページの先頭へ