妊娠線とボディケア

有酸素運動でもあるウォーキングやマタニティスイミングは、体脂肪を燃焼させるので、妊娠中の肥満の防止にもなり、健康のためにも妊娠線防止のためにも効果が期待できます。体調に合わせて無理をしないように運動を行いましょう。また、皮膚が乾燥しないようにクリームなどで保湿をして皮膚を柔らかくしておくこともおすすめです。

妊娠線を予防するクリームが販売されていますので、お腹や乳房など妊娠線ができやすい部分のお手入れを継続して行うと効果が期待できます。クリームを塗ってマッサージをするとよいでしょう。クリームのほかにオイルもおすすめです。オイルは伸びが良いのでマッサージや保湿に適しています。アロマオイルを使ったマッサージも良いでしょう。

妊娠中に適していないアロマオイルがあるので避けて選びましょう。妊娠線はママになった勲章ともいえますが、できれば予防したいものですから、油断をしないように妊娠初期から体のケアをしておくのがおすすめです。

このページの先頭へ