妊娠線の特徴

妊娠や出産を経験すると女性の体にはさ
まざまな変化が起こります。中には時間が経過すると消えるものもありますが、妊娠線は一度できると消えないものなのでママ達を悩ませることがあります。妊娠線というのは、妊娠によってお腹が大きくなる時に皮膚の表面にできるみみず腫れのような線です。

これはお腹が大きくなるにつれ、皮膚も引っ張られるのですが、表皮はよく伸びる性質を持っているのに対し、表皮のすぐ下にある真皮や皮下組織はあまり伸びないため、真皮や皮下組織が亀裂するために起きます。この亀裂は赤紫色のみみず腫れのような線になって現れ、妊娠中に出来ることが多いので妊娠線と呼ばれています。

全ての妊婦さんにできる訳ではありません。妊娠線は時間がたつと白っぽくなるので目立たなくはなります。産後3カ月くらいすると白っぽく目立たなくなってきます。しかし、完全に消すことはできなくなります。妊娠線ができる時に痛みはありませんが、かゆみを伴う場合があります。

このページの先頭へ