妊娠線ができる体の部位として真っ先に挙げられるところは、誰もがお腹と言うはずです。お腹は妊娠によってどんどん膨らんで大きくなってきます。人によってはベスト体重から20キロ以上、太ってしまうこともあります。よくもこれだけお腹の肉が膨れるものだと思えるくらい、かなり膨らんでくることから、無理矢理、お腹の肉を引き伸ばすような形になるため、ピキピキとひび割れるような妊娠線ができやすくなってしまうというわけです。

自然現象なので、そのまま気にせずに過ごすこともできますが、現代の若い人たちは産後、水着になる機会のことを考えて、キレイな見た目を気にすることがあります。そのためには、お腹の妊娠線がつかないような方法を取ることが大事です。

最近は専用のクリームなども市販されているので、お腹に跡が残らないように妊娠と共に気をつけるようにすることをお勧めします。特に芸能人は水着になる機会も多いことから、きちんとクリームを使ってケアをしています。

このページの先頭へ