妊娠が進んで中期から後期になると妊娠線ができやすくなります。

妊娠線はお腹が大きくなるのにともなって皮膚の表皮だけは伸びるけれども皮下の組織、特に弾力性を持たない脂肪などが伸びることができずに避けてしまうことで起こります。妊娠していれば誰でも起こり得るのですが、双子妊娠の方や子宮とお腹が伸びやすい経産婦の方は妊娠線ができやすく、また早い時期にできやすいといえます。

妊娠中は羊水を保つために多量の水分が必要なので、妊婦さんの体内では水分が不足しがちで肌も乾燥に傾きます。妊娠線は乾燥によっても起こりやすくなるので妊娠線線用の保湿クリームなどでのケアが大切です。

妊娠線ができるとかゆみを感じる人が多いのですが、痛みを訴える人もいます。組織が断裂を起こすので、ピリピリとした痛みを感じることが多いようです。

妊娠線はお腹だけでなく乳房や太ももなどにもできます。産婦人科の医師の指示を受けながら体重の急激な増加に注意し、かゆみや痛みについても産婦人科や皮膚科で相談されるのがおすすめです。

このページの先頭へ