妊娠線が消えない理由

妊娠線が消えない理由妊娠線が消えないわけは、皮膚のより深部にある真皮層に生じた断裂が関係しています。妊娠線を触ってみると、皮膚の表面が凸凹しているのが分かると思います。これはいわば傷跡のようなもの。

皮膚の表面が軽く傷ついただけの場合なら、新陳代謝によって古い皮膚が垢になり剥がれていくことで、綺麗に傷跡が無くなります。しかし、深い傷は治っても表面が凸凹になり、自然治癒では元の形状に戻らないのが普通です。

妊娠線はいわば、「皮膚の中にできた傷」のようなもので、治癒して色が薄くなっても内出血のように残ってしまうのです。

セルフケアで妊娠線は治る?

妊娠線用クリームやマッサージ、代謝を良くする食事など、セルフケアに気をつければ妊娠線は綺麗になくなるのでしょうか?残念ながら、すでにできてしまった妊娠線は、セルフケアのみでは消すことができません。

ただ、セルフケアを普段からやっていれば、新しく妊娠線ができるのを防ぐことはできるため、予防としては有効です。

産後太りによる肉割れを防止!夜食を控えてカロリーコントロール

身体を引き締めると、肉割れができにくい身体になります。

産後、お腹やお尻、太ももにお肉がついたなあと感じたら、まずは、カロリーコントロールを考えましょう。妊娠線は、脂肪が増えて皮膚が伸びることで発症するので、太るとできやすくなります。太らないためには、普段の食事のカロリーコントロールが大切です。

カロリーコントロールと聞くと管理が難しそうですが、脂肪が身につきやすい夜の食事を軽目に変えるだけでも大きく変わります。特に炭水化物の摂りすぎは、結果的に中性脂肪を増やし、動脈硬化を引き起こす原因にもなります。夜食べる食事はご飯を控えめにして、全体のカロリーを抑えるようにしましょう。

医療ケアで妊娠線の治療は可能?

信頼できる病院を探す自然には消えない妊娠線は、専門のクリニックで正しい治療を行えば完治できるかもしれません。クリニックの施術に「痛そう」とか「治らないのでは?」と、不安を感じている人もいると思います。

しかし、最近では医療技術が進歩し、ケロイド状になった傷跡も綺麗に消すことができるようになっています。また、麻酔科医が施術には付き添うため、痛みに関するケアも充実しています。

当サイトでは、妊娠線の治療実績や医師の充実度など、知名度の高いクリニックを取り上げていますので、ぜひ参考にしてみてください。

妊娠線治療のクリニックを探す

このページの先頭へ