妊娠線・肉割れ体質に注意!

元々痩せていた人は要注意!

元々痩せていた人は要注意痩せ型の人は、妊娠や肥満で妊娠線や肉割れができやすい体質だと考えられます。

痩せている人は、脂肪を含んだふくよかな体型の人よりも皮膚の面積が少ないため、妊娠や肥満が原因で急激に皮膚が膨張すると、広がっていない皮下組織は、ビリビリと断裂してしまいます。

乾燥肌でも妊娠線ができやすい

乾燥したお餅が割れやすいように、皮下組織も保湿力が低下していると、トラブルが現れやすくなります。乾燥によって肌の柔軟性が無くなると皮下組織が裂けやすくなり、またかゆみが発生しやすく、掻くことで妊娠線が発生する場合もあります。

妊娠線の予防と再発防止

垢すりで身体をこすって出てくる垢は、古くなって剥がれ落ちた皮膚です。

運動不足は妊娠線の大敵皮膚は日々新しく入れ替わり、新たに細胞分裂やコラーゲンの生成が行われ、角質が少なく保湿力の高い柔らかいお肌が生まれます。この、柔らかい皮膚が正常に作り続けられることで、妊娠線ができにくい体質になっていきます。

しかし、運動不足や栄養の偏りなど普段の生活習慣が悪いと、生まれ変わる皮膚の周期に乱れが生じてしまいます。この乱れを正常化して、正しい新陳代謝が行われるようなコントロールは、普段の運動と食事を通して行う事が可能です。

新陳代謝を高める運動と食事

新陳代謝を高める運動新陳代謝を高める運動は、軽いジョギングが1番最適です。20~30分程度の息が少し弾むくらいの走行ペースで、疲れが溜まらない程度の頻度を実行するのがいいでしょう。週1ペースでも全然問題ありません。自分の可能な範囲で運動をする習慣を身に着けましょう。ジョギングが難しい人はウォーキングでもOK!定期的に行うことで、血行が改善し、新陳代謝を活発にしましょう。

次は食事についてです。

食事は、炭水化物中心の食事になりがちですので、お米を少なめ、おかずを中心に食べるよう心がけます。そうすることで、中性脂肪の元になる糖質を減らしてダイエットにもなり、たんぱく質とのバランスが摂れるのです。

魚や肉に含まれている成分には、筋肉を作り代謝を促すアミノ酸が豊富に含まれています。アミノ酸の他には、血液を作る鉄分や、肌の乾燥を防ぐ脂肪分、エネルギー代謝を促すビタミンB1なども多く含まれています。

こういった貴重な栄養素を積極的に摂取することが、お肌の新陳代謝を高める結果に繋がるのです。

すでにできてしまった妊娠線!自宅ケアでは完治しない!?

妊娠線は、皮膚の表面ではなく、より深い真皮層にできるものです。一度できてしまうと、消えないように思われていますが、時間を置くと皮膚が代謝していくため次第に薄くなっていきます。保湿ケアや代謝向上の運動、食事療法など、代謝を促すことで、より早く改善していくでしょう。

しかし、完治することは難しいのが実情。妊娠線や肉割れは、薄くなっても、波打った白い線が残ります。掘りが深い重症の場合は、より目立つ跡がずっと残ってしまうのです。

もし妊娠線を完治させたいのであれば、医療による治療を施す必要があります。当サイトでは、妊娠線治療を行っているクリニックを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

クリニック詳細はコチラ

このページの先頭へ