自分の子供が生まれたときどのお母さんもすごく痛い目にあって生むので、本当に出産のシーンは感動しますし、生きる希望も湧いてきて頑張ろうという気持ちになれます。ですが赤ちゃんというのは寝るか泣くかのどちらかです。とくに母親としては一番の眠たい時間が赤ちゃんによって奪われていきます。

はじめはそういう風になるということを自分自身が自覚できていたとしても、いざそういう状況になると追い込まれたり、育てないといけないという今までにない大きな責任感を背負うことになるため多くの女性が産後にうつ病にかかってしまいます。

産後うつの事をマタニティーブルーともいいますがマタニティーブルーにはたくさんの方が悩まされています。うつ病なので、自分の事が分からなくなり、育児を放棄してしまうこともあります。ですがそういう時一番の支えになるのが周りの家族や親せきの方の手になります。少し言葉をかけるだけ、助けてあげるだけでうつ病からは解放されます。母親にしか分からない産後の気持ちをみんなで協力し合って楽にしてあげるのがいいです。

このページの先頭へ