自分でできる妊娠線のケア

自分でできる妊娠線のケアとは?妊娠線の予防や今以上の悪化を防ぐには、新陳代謝を高めるケアを行うのがいいそうです。

以下では、自分でできる保湿、腹帯、マッサージといった3つの方法について取り上げてみたいと思います。

妊娠線は全身の保湿が重要

妊娠線と保湿の関係についてのお話です。全身の保湿が、妊娠線の予防や改善にどのように影響するのでしょうか?また、最適な保湿ケア方法を紹介しています。

続きはコチラ

妊娠線対策に腹帯が重要

腹帯は、本来妊娠中のお母さんのお腹を、冷えや外的衝撃から守る役割がある物です。調べてみると実はこの腹帯、妊娠線を予防する役割もあるみたいです。ここでは、その理由についてお話したいと思います。

続きはコチラ

妊娠線の予防マッサージが重要

妊娠線や肉割れができやすいお腹周りや二の腕、太ももなどに最適な、新陳代謝を高める「妊娠線マッサージケア」を紹介します。マッサージすることで、血行が良くなり、皮膚のターンオーバーが活発になると共に、中性脂肪の燃焼を促進する効果があるそうです。

続きはコチラ

過度なダイエットは代謝機能の低下を招く!?

産後に、スタイルを気にして行う、過度なダイエットにも落とし穴があります。

ダイエットは妊娠線を悪化させる?毎日食べている食事は、私達の身体を作るために欠かせない栄養補給です。摂取した栄養は、皮膚を構成する細胞として新しく生まれ変わります。しかし、この栄養が不足すると、細胞を構成するために必要な栄養が足りなくなるため、ターンオーバーが遅れがちに。

また、無理なダイエットで空腹状態が長く続くと、身体は自然とエネルギーを体内に温存しようとします。それによって、基礎代謝が低下してしまい、身体全体が老化していく恐れがあるのです。

ダイエットのしすぎで、髪の毛が薄くなったという人の話を聞いたことがあります。それは、栄養失調が原因で頭皮のターンオーバーが遅れたことが原因だそうです。

それと同じことが、妊娠線でもいえます。

ダイエットは月に体重2kgまで

代謝を落とさず健康的に痩せられる目安は、月に体重2kg程度です。

脂肪1kgに対してのカロリーが7000kcalとして、脂肪2kgで14000kcal。日割りにすると一日のカロリー減の目安が450kcal~500kcalとなります。これ以上カロリーを抑えようと、恐らく身体だけではなく気持ちにも大きな負担がかかるでしょう。

まずは、過度なダイエットは控え栄養管理をきちんと行い、妊娠線がこれ以上できにくい身体作りから始めてみましょう。

妊娠線の予防ケアとクリニック治療で根治を!

信頼できる病院を探すここで取り上げたお話は、あくまで妊娠線の悪化・再発予防を目的としたケア方法です。

妊娠線や肉割れを綺麗に治したい場合は、クリニックで施術を受け、本格的な治療を行ったほうがいいでしょう。

クリニックでの治療は、妊娠線を脂肪や皮膚のたるみごと除去する方法や、専用のレーザーを使った皮膚刺激療法などがあります。どの治療法が自分の症状に適しているのか?当サイトで調べたクリニック情報を参考にしていただくといいでしょう。

妊娠線治療のクリニックを探す

このページの先頭へ