妊娠線予防にも効果的な腹帯

妊娠線予防にも効果的な腹帯昔は妊娠5ヶ月目に入った妊婦さんのお腹に、腹帯の代わりにさらしを巻いていたそうです。さらしと聞くと身に着けるのにちょっと抵抗がありますし、巻くのも大変でしょう。

しかし今では、さらしの代わりにマタニティベルトやサポーターなど、可愛い模様のついた腹帯がお店でもネットでも売られていて、手軽に購入することができます。色々なタイプの腹帯があるので、妊娠前~産後までの時期に合った物を選び、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

腹帯をするメリットは?

妊娠線の予防
腹帯をすることで、乾燥した外気から皮膚を守り、大きくなったお腹が重力で皮膚が引っ張られてしまうのを防ぐことができます。乾燥肌や皮膚への負荷は、妊娠線の原因になりますので、腹帯をすることで予防効果が期待できます。
腰痛予防
腹帯は妊娠線予防にいいだけではなく、腰痛の予防にも効果的です。妊娠中はお腹が大きく重くなっていくため、普通に生活するだけでも腰に大きな負担が掛かり、腰痛を引き起こしやすくなります。腹帯がお腹を支えることで、腰への負荷を和らげることができ、腰痛を予防することができます。
産後のお腹を元に戻す
妊娠後期に入ると、妊婦さんのお腹はパンパンに。お腹が膨らむことで皮膚にたるみが残りやすくなるため、腹帯をして元の形に矯正していきます。

好みや時期で使い分ける、5種類の腹帯

ライフスタイルに合わせた使い分けができる、5つのタイプの腹帯を紹介します。

【筒型サポータータイプ】
お腹をスッポリと包む筒型のサポータータイプです。締め付けが柔らかく、就寝時にも楽に身に着けることができます。
【さらしタイプ】
お腹を支えるように巻きつけて装着するタイプです。体型やサイズに関係無く装着できます。
【サポートベルトタイプ】
ベルト調節が簡単なサポータータイプの腹帯です。下腹を支えるように装着し、簡単に調節できるのが特徴的。
【骨盤用ベルトタイプ】
緩んだ骨盤を支えるのに優れた腹帯です。重くなったお腹が原因の腰痛を緩和する役割もあります。
【パンツタイプ】
ショーツの形をした腹帯です。外出向けで、着ているのが目立たないのが特徴的。ボディラインを保って装着できます。

腹帯+クリニック治療で妊娠線を解消!

ここで紹介した腹帯は、妊娠線の予防に最適です。しかし、できてしまった妊娠線を治すには、本格的な治療が必要となります。

当サイトでは、美容外科クリニックで実施されている、妊娠線治療に効果的な施術に関する情報をまとめています。医療治療によって、セルフケアでは治らなかった妊娠線を綺麗に消すことも可能です。ぜひチェックしてみましょう。

妊娠線治療を探す

このページの先頭へ