妊娠線予防に効果的!?お肌に「蓋」をするマッサージとは?

【妊娠中のマッサージ注意点】
妊娠中は、お腹の中に赤ちゃんがいるため、強く揉むことはできません。手の平に保湿美容液やクリームを付けて、撫でるように優しく、お腹周りを円を描くようにマッサージを行いましょう。パートナーにやってもらうと、手の感触が刺激になるため副交感神経が活発になり、身体の修復力が高まります。
【保湿クリームでお肌に「蓋」を】
お風呂上りのマッサージに保湿クリームを使えば、お肌の乾燥を防ぐことができ、妊娠線ができにくいお肌になります。保湿クリームには、お肌に蓋をして水分を逃がさないようにする役割があります。
【産後のマッサージのやり方】
出産後は妊娠中とは違い、揉み解すようなやや強いマッサージも可能になります。揉み解すことで血行が改善し新陳代謝が活発に。それにより、皮膚のターンオーバーの周期が正常になります。特に、産後8kg以上体重が増えた人は、妊娠線ができやすい状態になっているため、マッサージと食事制限を一緒に行いましょう。

副交感神経を活発にして身体の修復力を向上させる

副交感神経を活発にマッサージをするとリラックス効果があるため、眠たくなることも多いと思います。これは、副交感神経が働き始めた証拠。副交感神経とは、身体に休息を与える合図のような物で、働き始めると身体はお休みモードに。このお休みモードの最中は、摂取した栄養が使われ、細胞の修復が行われています。

つまり、マッサージをすることで、妊娠線ができやすい乱れたお肌を修復して正常な環境に戻すことができるのです。

マッサージで交感神経から副交感神経へとチェンジ

副交感神経とは違って、緊張や興奮を司るものを交感神経といいます。仕事やスポーツなど活発に活動している時には、この神経が働き、「さあ、やるぞ!」という気持ちにさせてくれます。この交感神経から副交感神経に切り替わることで、身体は休まるようになるのですが、時には何かしらが原因で、スイッチが切り替わらないこともあります。

そうなると、なかなか眠りにつけずに慢性的な疲れに悩まされたり、普段からちょっとしたことでイライラしたりと、様々な弊害が現れます。マッサージには、交感神経から副交感神経へのスイッチの切り替えを行い、新しいお肌を作るのに必要な「睡眠」を誘う役割もあるのです。

妊娠線の本格的な治療は、施術実績の豊富な美容外科クリニックで!

マッサージだけでは、できてしまった妊娠線を治すことはできません。完治を目指すのであれば、妊娠線の治療を行っている美容外科クリニックで、正しい治療を受ける必要があります。今の医療技術は、軽度な薄くて白い線の妊娠線だけではなく、重度の断裂が深い妊娠線の治療も可能です。

当サイトでは、妊娠線治療クリニックの情報をまとめています。ぜひチェックしてみてください。

妊娠線の治療クリニックはコチラ

このページの先頭へ